XM国内送金
     
 





k9k他の海外FX業者にない、XEマーケットの便利なサービスが、国内送金サービスです。通常海外FX業者の証拠金口座への入金は、クレジットカードが便利です。クレジットカードのショッピング枠を利用して、普通のネットショッピングと同じようにできるのです。クレジットカードのポイントが付くなどのメリットがある反面、普段使っているクレジットカードを使っての多額の入金は、日常生活に支障が出る恐れがあります。しかし多額の入金の場合でも、XEマーケットの国内送金サービスを使えば、銀行やコンビニに設置してあるATMからの入金はもちろん、ネットバンキングの環境があれば、自宅にいながらの入金だってできるのです。

ここでXEマーケットの、国内送金サービスの利用方法を紹介しましょう。まずXEマーケットに口座を開設した後に、「送金先国内銀行口座情報の取得」が必要です。送金先の口座情報を得るのは、メンバーズエリア(マイページ)へログインしなくてはなりません。国内送金についての注意点は、無料で海外FXバイナリー業界の動きを追っているところから!

メンバーズエリアの画面の上部に並んだメニューから、入金をクリックします。すると入金方法の一覧が出てきますので、その中から“Locak Bank”の「入金」を選びます。続いて口座情報が表示されますので、確認して「続ける」をクリックします。

注意1:http://www.xeマーケット.com/では、入金手数料を負担してくれるサービスを提供しています。しかし画面上にも表示されますが、この手数料の負担サービスは、入金額が200米ドル以上の場合のみ適用されます。そしてこの手数料負担サービスは、自動的には適用されず、入金後に送金手数料を確認できる明細などの画像を、XEマーケットのサポートへメールで送る必要があります。

注意2:送金はすべて、XEマーケットの口座と同じ名義の銀行口座から行われなければなりません。ローマ字表記にした時に、複数の表示方法がある文字「ONO」と「OHNO」や「MATSUDA」と「MATUDA」などは注意しましょう。

ここまで問題がなければ、次に「確認」をクリックします。すると送金先銀行口座情報が表示されますので、その口座へ送金することになります。

注意3:送金先口座情報の画面では、同時に “Your Payment reference”(リファレンス番号)が表示されます。このリファレンス番号は、毎回違うものです。そしてこのリファレンス番号を、振込み時のメッセージ欄に、忘れずに記入する必要があります。XEマーケットでは、このリファレンス番号をもとに、誰からの入金なのかを判断するからです。記入を忘れると、最悪の場合には、入金が口座に反映されません。入金が問題なく行われれば、2日~5日程度で、証拠金口座へ反映されます。FXはちょっと敷居が高いと思っている方や、ましてやバイナリーオプション 初心者の方でもXEマーケットは自分のペースが掴みやすい環境を整えてくれてるということで、安心して入って行けるという意見を多く聞きました。初心者に人気があるというのは注目すべき点だと思います。